文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

万一の時も、守り続けたい命の情報

「大阪e-お薬手帳」の誕生を加速させた一番大きなきっかけは、東日本大震災。多くの避難者の方々が、服用中だったお薬を必要としましたが、お薬の特定は困難をきわめました。しかし、お薬の手帳を持っていた患者さんには、すぐに処方することができました。
避難時にほとんどの方は携帯電話やスマートフォンを持ち出します。それらにも普段からお薬手帳の情報が入っていれば、万一の場合も安全です。
そんなことから、お薬手帳の電子化は誕生したのです。

紙のお薬手帳と同じように使います

これまでは、紙のお薬手帳が主流でしたが、そこに電子版のお薬手帳が加わりました。
電子お薬手帳は、みなさまのお手持ちのスマートフォンなどに、お薬の情報を保管し、紙のお薬手帳と同様に活用するために作られたものです。電子版ですので、情報をクラウドに保管し、万一の災害など、さまざまなシーンでの利用も期待されています。
大阪e-お薬手帳は、紙のお薬手帳と同じように使います。
紙も電子も、同じ目的のお薬手帳です。もちろん、どちらを選ぶかは、みなさんの選択です。